ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

梅酒づくりを難しく考える必要はありません

1kgあたり198円の青梅を買いました。国内産ではないかも。
梅酒づくりです。
レシピは…

(1) アルミの桶(おけ)に梅と水を入れ、ざっと洗う。
(2) ガラスの容器に梅とホワイトリカー(アルコール度数35%)を入れる。

はい、終了。
これだけです。

通常というか、世間一般的には以下のようなレシピだと思います。



(1) 梅のへたを爪楊枝で取り除く。
(2) 桶に梅と水を入れ、ざっと洗う。
(3) よく水気をふき取る。
(4) ガラスの容器に梅とホワイトリカーを入れる。
(5) 氷砂糖を入れる。

通常のつくりかたに関する私の考え。

へたを取り除く ―― たしかに取り除いたほうがいいです。この作業を怠ると、やや渋みのある梅酒になってしまいます。でも面倒くさいので、今年は省略。
よく水気をふき取る ―― 不要な作業だ、というのが私の意見です。もともと梅に水分が含まれているのだから、多少の水気がついていても問題ありません。アルコール度数35%のホワイトリカーを使えば、腐敗の心配もありません。
氷砂糖 ―― 前にもお話したと思いますが、うちのキッチンには砂糖、みりん等の甘味料はありません。「だから入れない」というわけですが、それだけでなく、

酒に砂糖を混ぜるという感覚が私には理解できない

というのも理由のひとつです。

「甘ったるい梅酒でないと、イヤだ」という人は、飲むときに砂糖でもみりんでも蜂蜜でも入れればいいのです。
味つけはあとまわしでもいいはず。そのほうがいろんな味を楽しめるじゃないですか?
でも、私は何の味つけもされていない梅酒がいちばんだと思っています。
お湯や水で割るなんて、とんでもない。
当然、ストレートで飲みます。

3ヵ月後にはおいしい梅酒が待っています。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/80-7dbe4659

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク