ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

3人称のとき英語の動詞に s がつくのはなぜ?

英語の文法の話。3人称のとき、たとえば動詞 help は "helps" と活用するわけだけど、なぜ "s" という接尾辞がつくのか? もっと言うと、なぜ3人称のときだけ?

以下は「VORTEX 英語小冊子」に貼られているPDFからの引用。

三単現の s

現在形の場合、他の人称は動詞原形ですが、三人称単数のみ動詞の後ろに接尾辞 s がつきます。何故三人称単数のみが別扱いなのでしょうか。この三人称単数接尾辞 s は、かつて動詞が人称によってそれぞれ屈折変化(形が変化することを屈折変化と呼びます)していたころの名残なのです。 OE の時代は、動詞はかなり屈折していました。
動詞の屈折のしかたは二種類に分けられており、それぞれ強変化動詞と弱変化動詞と呼ばれています。ここで強変化動詞 drifan (drive) の現在時制の変化をみてみましょう。

【http://vortexjapan.fc2web.com/shop2/sassifree1.pdf】

英語以外の印欧語(ドイツ語とかフランス語)を学んだことがある人ならあるいは共感してくれるかもしれない。学生時代の私は、
「フランス語って、なんで名詞とか冠詞に性別 (male and female) があるんだ? 覚えるの大変じゃん」
と理不尽な怒りを覚えたものだ。

であるから、英語学習者は「不規則活用する動詞は覚えにくい」なんて文句を言ってはいけない。印欧語の中にあって英語の動詞の活用はかなり単純な部類に属するんだから。嘘だと思ったらギリシャ語の動詞活用を見るといい。しかし、その英語もかつてはかなり複雑に活用していたんだね。うーむ。

下記テーブルは help の事例。前出のPDFから引用した。

 14世紀16世紀
1人称単数helpehelp
2人称単数helpesthelpst
3人称単数helpethhelps
複数helpehelp

で、
「3人称のとき、動詞に "s" がつくのはなぜ?」
という問いに対する答えは、
「他の印欧語同様、英語の動詞も昔はかなり複雑に活用していた。3人称の動詞に接尾辞 "s" がつくのは数少ない昔の名残り。今後はさらに簡略化して "s" が消滅するかもしれない」
ということになろうかと。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/26(木) 17:22:20 | | #[edit]
なるほど。そういう見方は考えてもみませんでした。その線はあると思います。コメントいただき、ありがとうございます。
2014/06/26(木) 19:59:41 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/802-637611fb

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク