ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語の歴史をちょっぴり勉強しようかと

iKnow!の日記のほうに英語にまつわる覚え書きをあれこれと書いてる。最近は語源や文法の歴史的背景なんかの話題が多い。でも言語の歴史をインターネットで調べるだけでは物足りなくなってきた。やはりネット検索には限界がある。市立図書館で本を2冊借りてきた。

英語の本の写真
  • 岸田隆之、早坂信、奥村直史著「歴史から読み解く英語の謎」(教育出版)
  • 家入葉子著「ベーシック英語史」(ひつじ書房)

「歴史から読み解く英語の謎」

  • 動詞はなぜ主語の後なのか
  • 現在完了はなぜ have + 過去分詞 なのか
  • Hの発音はなぜ「ヘイチ」でないのか
  • 単語の後ろにある e が発音されない場合があるのはなぜか
  • hurt はなぜ現在、過去、過去分詞で同じ形なのか
  • enjoy の後はなぜ -ing なのか
  • had better はなぜ「~するほうがいい」の意味になるのか

上記リストは目次の一部を抜粋したもの。ようするにちょっとした読み物。畳に寝っころがって読むのにいい。

「ベーシック英語史」

3人称男性単数女性単数中性単数複数
主格hēohithīe
属格hishirehishira
与格himhirehimhim
対格hinehīehithīe

上記テーブルは古い時代の英語の人称代名詞の活用。3人称の中性単数が主格になるとき、かつては "hit" だったわけだけど、先頭の "h" が離脱して "it" になったことがわかる。
シェークスピア (William Shakespeare) の作品を原文で読んだことがある人にはおなじみかもしれないけど、私には荷が重いです。我慢して勉強しよっ。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
初めまして。
10月から、高校の講師を始めました。
教職免許取り立てで、病気のため辞められる先生の後任として務め始めました。
高校1年生に文法を教えています。
比較的、英語が苦手な生徒が覆いので、私自身が高校生の時学んだようなオーソドックスな英語の文法の授業では、なかなかうまくいきません。
それに、生徒からの質問は、なぜ、完了形は、have+過去分詞なのか、過去分詞って何?といったような素朴なものなのですが、なかなか答えるのが難しい質問が多く、自分の勉強不足を痛感します。
そこで、英語の成り立ちを調べ、なぜこういう文法になったのかを説明できる書籍を探していました。そこで、私にも読めそうな物を紹介されていたので、早速参考にさせていただきたいと思います。
他にも、いろいろと興味深い記事がたくさんあるので、読ませていただきたいと思います。
2010/12/04(土) 15:49:19 | URL | haneko #-[edit]
お役に立ててうれしいです。コメントありがとうございます。
2010/12/05(日) 15:07:54 | URL | ArtSalt(管理人) #-[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/825-236397a9

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。