ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

shallという助動詞は100年後には消滅しているかもしれない

「同じ意味になるように空欄を埋めよ」という問題がことごとくバカげているのは言うまでもない

  1. Shall we play tennis?
  2. (    ) play tennis. - 括弧の中に "Let's" を入れると正解
  3. (    ) about playing tennis? - 括弧の中に "How" を入れると正解
  4. (    ) don't you play tennis? - 括弧の中に "Why" を入れると正解

「#1と同じ意味になるように#2から#4までの空欄を埋めなさい」という愚かな問題集を受験英語のWebサイトでよく見かける。上4つの文章の意味は確かに似たようなものだけれど、同じ意味ではない。どう違うのかは私には実感できないけど。
受験英語で飯を喰ってる人たちには大人の事情があるだろうから、これ以上は言わない。

それはともかく、冒頭でとりあげた助動詞 "shall" はひょっとしたら将来消えてなくなるかもしれないという話。
日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク - 絶滅危惧種としてのSHALL

法律や規則の文章では多用されるらしいけど、Oxfordの辞書で "becoming old-fashioned" とか "old-fashioned or formal" と宣告されてしまった助動詞 shall...

must に過去形がないのはなぜか

shall には "should" という過去形がある。can, will, may であれば、could, would, might。でも must, ought の過去形は今のところ存在しない。なんで?

must (v.)

O.E. moste, pt. of motan "have to, be able to," from P.Gmc. *motanan "to fix, allot, appoint, to have room, to be able" (cf. O.Fris. mota, M.L.G. moten, Du. moeten, Ger. müssen "to be obliged to," Goth. gamotan "to have room to, to be able to"), from PIE base *med- "to measure." Used as present tense from c.1300, from the custom of using past subjunctive as a moderate or polite form of the present. The noun meaning "something that has to be seen or experienced" is from 1892.

Online Etymology Dictionary - must】

ようするにだ、must ってのはもともと motan という動詞(または助動詞)【後注】の過去形なんだわ。それが14世紀から現在形の文章で使われるようになり、原形 motan のほうは徐々に使われなくなって、今や(21世紀)完全に消滅してしまい、mustという過去形だけが生き残ったということ。

もともと過去形であった must に過去形を新たにつくる、なんていうことはイギリス人もアメリカ人もやらなかった。面倒くさいと思ったのか、「過去形の過去形」という非論理性に耐えられなかったのか。これと同様の出来事は ought についても起きた。

歴史は繰り返す。今日では shall が、頻繁に使われている過去形 "should" を残して博物館送りにされようとしている。

後注

will, can など、「法助動詞」(modal auxiliary) と呼ばれているものは古英語では動詞として使われていた。
現代英語の "I can swim" を「canは動詞、swimは原形不定詞 (bare infinitive) である」と解釈する学者もいる。自分としては共感するけど、ここでは詳述を避ける。

助動詞の過去形は奥ゆかしい表現

英語学者、大西泰斗氏によると、過去形には「遠くをみつめる視線」のイメージがあるという。
遠くの出来事 → 過去の出来事(過去形)、事実ではない出来事(仮定法)

だから助動詞を過去形にすると、婉曲な物言い、まわりくどい表現になる。
"Will you send me an Email?" よりも "Would you send me an Email?" のほうが丁寧な雰囲気になるのも、「"may" よりも "might" のほうが実現可能性の低さを暗示する」と言われるのも、そういう理由がある。過去のことについて語るわけじゃないのにね。

「過去形」という用語を廃止したほうがいいんじゃないか、とさえ私は思ったりするんだけど、英語学習サイトや匿名掲示板でこういう話題をふるとたいてい炎上するので、突っ込んだ議論は別の人にゆずる。

助動詞の原形が消滅しやすいのはなぜなんだろう。shall が過去形 should を残して死に絶えつつあるのは、

  • 意思を強調する助動詞なので、直截性よりも曖昧性や奥ゆかしさが求められる場面では使いにくい。
    • 前述した理屈により、過去形 should を使うと、原形 shall に比べれば婉曲な物言いになる。だから should だけは長く生き残るんじゃないかな。
  • 意思を強調する場面では似たような意味を持つ will を使えばいいじゃん。

という事情によるものだと思う。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/837-5d7f8d75

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。