ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

rob, steal, of属格、古英語

of属格とは?

周知のとおり、英語の of という前置詞(または副詞)は本来「分離」を意味したけど、12世紀に入ってフランス語 de の影響を受けて「属格」の意味を含むようになった。今日のネイティブの脳内ではふたつの意味がチャンポンになっていると思う、たぶん。
Online Etymology Dictionary - "of" の語源と歴史
Some terrorists robbed the big bank of gold merchandise.
この文章について考えてみる。
ここで使われている of を「分離」ととらえてしまうと、「金商品から銀行を盗んだ」という意味になってしまうから、これは「属格」の of と考えたほうがいい。

of を伴う叙述形容詞と動詞をずらっと並べてみると、何かが見えてくる

  1. It's good of him to give me some advice.
    goodhim の属性。「彼は良い」。
  2. My boss is really proud of his son.
    proud は "his son" の属性。「息子は誇りである」。
  3. She's afraid of her own shadow.
    古英語 affray の過去分詞に由来する叙述形容詞 afraid は "her own shadow" の属性。「影は恐れである」。
  4. The prisoner isn't ashamed of himself.
    古英語 ascamian の過去分詞に由来する叙述形容詞 ashamedhimself の属性。「自分は恥である」。
  5. Linda wasn't informed of his death.
    inform の過去分詞 informed は "his death" の属性。「死が知らされる」。
    能動態は "No one informed her of his death."
  6. The big bank was robbed of gold merchandise.
    rob の過去分詞 robbed は "gold merchandise" の属性。「金商品が盗まれる」。
    能動態は "Some terrorists robbed the big bank of gold merchandise."

叙述形容詞 afraidashamed は動詞の過去分詞だった

上記リストの#3と#4。afraidashamedの綴りを見てひらめいた。「動詞の過去分詞みたいな綴りだなぁ。ひょっとして…」という直感。

予感は的中。afraidashamedは現代英語では叙述形容詞とみなされるけど、古英語では動詞の過去分詞だったことが判明。であるなら#6のrobも過去分詞robbedに変えて#1-5と比較するのがふさわしい。うーむ、読めたぞ♪

"steal A from B" と "rob B of A" の語順の違い

"steal A from B" (BからAを奪う)
rob を使って表すと、
"rob B of A" (BからAを奪う)
になる。つまりAとBの位置が入れ替わる。

なぜ of という前置詞をここで使うのか。なぜイギリス人はこんなひねくれた表現を思いついたのか。謎がやっと解けたよ、完璧にね。

robof を伴うのには理由がある

たとえば、"the love of Japanese for the nature" と言ったら "the love" は Japanese の属性になる。同様に "rob B of A" はこのように解釈できる。間違いがあったら、いつでもご指摘ください。

rob B of A
Some terrorists robbed the big bank of gold merchandise.
テロリストが銀行を襲ってそこから金の商品を奪う。
"rob B" はAを説明している。「テロリストが大銀行を襲ったこと」は「金商品」にまつわる説明である。
"rob B" はAの属性である。「テロリストが大銀行を襲ったこと」は「金商品」の属性である。
"of A" はいわゆる「of属格」である。

言語にとって歴史とは何か

言語の変化と生物の発生及び系統発生はよく似ている。神の創造は常に完璧だけれど、生物進化は完璧ではない。だから生物の体には遠い過去の痕跡がいつまでも残っている。哺乳類の雄に見られる乳頭がそうであるように、英語の叙述形容詞 afraid の一風変わった綴りがそうであるように、それらはしばしば意味不明であったり、役立たずであったり、不恰好であったりする。しかしその不恰好な部分にこそ歴史が隠されているのであって、それこそが進化の証であり、歴史が見えないと現在も見えてこないのだよ、たぶん。

もちろんこういう話はTOEICの点数に一喜一憂なさっているオコチャマたちには何の利益ももたらしませんので、ご了承ください。

おまけ

この表現ができた原因は、古英語の時代に使われていた「属格」という所有関係を表す名詞語形にあります。
属格が使われた範囲は今よりもはるかに広く、属性を帯びる名詞にはことごとく属格語尾-(e)sがつけられていました。
一方、ofには古くから部分・分離,帰属という意味がありどちらも全体の一部という共通点がありました。
そこで、面倒な属格変化が使われなくなったとき、すべてofに置き換えようとされました。
例えば属格古語the wordesの語尾-esをofに置き換えると、of the wordになります。
このようにして機械的に置き換えられたため、現在訳しにくいofがでてきたのかもしれません。
robの場合ですと、「人のお金を奪う」なら昔は、「rob+人+お金の属格」という語順でしたから、ここにofを適用すると「rob+人+ofお金」になってしまうわけです。
このような表現はほかに、deprive...of~, relieve...of~, rid...of~などがありますが、いづれも歴史的に属格名詞をof+名詞に統一した産物といえるでしょう。

4341.どうして、こうなるんですか??(EAH) - English@Heartの学習掲示板の過去ログ(EAH) - livedoor Wiki(ウィキ)

steal という語彙は Proto-Germanic に起源を持つ。他方、rob は Old French 由来であり、ブリテン島に入ってきたのはノルマン朝の12世紀。of がフランス語 de の影響を受けたのも同じく12世紀。深い! 深すぎるよ、言語の歴史って。

当ブログ及び iKnow! Journal 内の関連エントリ(2008年11月12日以前)

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/872-72c0958c

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。