ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Firefoxを音声認識で操作

YouTubeで見つけた楽しい動画。音声認識ソフトを使っている。"open firefox" と言うとFirefoxが起動し、"locationbar" と言うとロケーションバーにフォーカスが当たる。Wow, that's amazin'! ちょっとだけ苦労するけど、ytmndというWebサイトにたどりつく。ここまではまずまず。

  1. しかし Internet Explorer 7 がうまくいかない。アドレスバーにフォーカスを当てるために "addressbar" とか "go to addressbar" と言ってるんだけど、うまくいかない。
  2. 結局 "show numbers" って言ったら解決。この "show numbers" っていう命令がちょっと興味深いと思った。これはどういうものかというと、スクリーン(ウィンドウ?)をいくつかの領域に分け、そこに数字を割り当てるというもの。そして該当する数字をユーザに読ませるわけだ。ユーザが "okay" と言えば、それが Enterキー押下とみなされ、任意の領域(この場合はアドレスバー)にフォーカスが当たる。ようするにHit-a-Hintの発想と同じ。
  3. なぜか "n" という発音が認識されない。つまり "n" という文字をアドレスバーにタイプできない。だからytmnd.comというサイトになかなかたどりつけない。非常にじれったい。

こんなんではプログラムのコードを書くのは相当苦労するだろうなあ、というわけで、もうひとつのトホホな動画。投稿者は同じ。

  1. "open (" という文字列をタイプするために "open parenthesis" と発声するわけだけど、たまに "open parenthesis" という文字列がタイプされてしまったりする。いや、だから、そういうことをやりたいわけではないのですw
  2. その "open parenthesis" という文字列を消そうと "delete open parenthesis" と言うと、"delete open parenthesis" という文字列がタイプされたりする。いや、だから、そうじゃないんだって(怒)
  3. で、結局 "select all", "delete" と言って全部チャラにして最初からやりなおし。これでは月に100時間残業したって1,000ステップのプログラムも書けまい。
道は険しい。キーボードもポインティングディバイスも使いたくなければ、やっぱり脳とコンピュータを直接つないじゃったほうが話は早い。
脳をコンピュータに融合する技術
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/878-d0c90091

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。