ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

英語学習で使えそうなWebサイトあれこれ(2008年)

英語学習で役に立つかもしれないと思ってここ数ヶ月ブックマークしてきたものをいくつかまとめておこうかと。

シャーロック・ホームズを原文で気楽に読む
和訳がポップアップ

マウスオーバーで和訳がポップアップする。こういうのをgreasemonkeyなんかでやろうとすると結局Exciteなどの機械翻訳に頼らざるをえないわけで、このホームズの原書の和訳の精度は高いから、ちょっと異色。
原文で読むシャーロック・ホームズ

ホームズ原書のスクリーンショット

ニュースを聴いてリスニングの練習とディクテーション

ESLサイトのひとつ。再生ボタンを押すと音声が流れてくる。ディクテーションというか、穴埋めというか。
English Listening: Monthly News Digest Online for ESL Learners | EnglishClub.com

ESLのスクリーンショット

iSpeech
ページ全体を音読、MP3生成、ダウンロード

既に多くの人たちに知られているようだけど、これは本当にすごい。どっかの英語のページのURLを指定すると、そのページ内のテキストを音読してくれる。さらにMP3が自動生成され、それをダウンロードすることもできる。
Convert Web pages to speech with iSpeech
パーマネントリンクも生成される。たとえば "Take Our Word For It Issue 13" というページだったらこちら。
Convert Text to Speech Free. Listen to any document, website or blog

iSpeech
自分で書いた英文を音読、MP3生成、ダウンロード

iSpeechの続き。"Hi, all, merry Christmas!" とか、自分で適当に英文を書いてそれをMP3にすることもできる。
Convert Text to Speech Free. Listen to any document, website or blog

いずれの場合でもembedタグが生成されるので、こいつを任意のWebページに貼りつけることができる。ポッドキャストにも対応してるみたい。

似たようなことばの微妙な違いを解説

ようするにこんな感じの説明が延々と続きます。なにげに語源にもふれていたりして、こういう営みには頭が下がります、本当に。

appear
<解説> appear(アピアー)は現れるを意味する最も普通の言葉です。また、~のように見える。~のように思われる。という使い方もあります。この意味では他にlookとseemがありますが、lookと違ってappearには見た目はそうでも実際は判らないという含みがあります。seemはあくまで主観的にそうらしいと思うときに使います。
<語源> apはadの変形で~の方へ。pearはport(港)、import(輸入)、export(輸出)などと語源を同じにする言葉で、もともとの意味は通り抜ける。それが転じて(通り抜けて)現れる。となりました。

中学生のための「記憶術で楽々覚える英単語」<動詞編>の解説

人名の由来と歴史

人の名前に隠された歴史を調べる。語源マニアに受けそう。たとえば hanako という名前だったら、こういう意味があるとか。
Behind the Name - the Etymology and History of First Names

海洋にまつわる英語の辞典

English-Japanese Ocean Dictionary (英和海洋辞典)。こういう狭い分野に特化した英和辞典なんてめったにないわけで、海の男たちに最敬礼です。
Eng-Jap Ocean Dictionary

baggers knot: n.本目結節.

baggy-wrinkle: n.バギー・リンクル[セイルがリギンにあたって擦(す)れるのを防ぐため、ヤーンで作った擦れ止め[リギンに取り付ける].

bagnet: n.箱網.

Baikal seal: n.[動]バイカルアザラシ.

bail: n.[船の]あか取り[船底にたまった水(=あか)などを汲み出す器具; ladleの一種].
vi.,vt.舟のあかを汲み出す[out]、[船中の水を]かい出す、あかをとる、あかを汲む; to bail water out [of] a boat舟からあかを汲み出す.
[西語](v.t.) achicar [un bote con achicador].
/to bail out: [西語]achicar.

English-Japanese Ocean Dictionary

現代英語と古英語の対応表

古英語研究者向けかな。これを利用する人がこの世にどれだけいるかは知らないけど、まあ、いちおう。
Modern English to Old English Vocabulary

BBCでタイピング練習

おまけ。オコチャマ向けのタイピング練習。BBC謹製。
BBC - Schools - Dance Mat Typing - Home

タイピングゲームのスクリーンショット

そのほか

これを忘れてた。1913年のWebsterの辞典。ことばの意味は時代とともに変わる。今から約100年前の英語がどんなものであったかをとらえた貴重な記録という位置づけかな。hqx という謎の拡張子(Mac用)がついたファイルが公開されている。
The Online Plain Text English Dictionary

個人的には英文添削をやってくれる人がいるとうれしいので、前から気になっている "Language exchange SNS Lang-8" をそろそろ始めようかなと思ってるんですけど、まだ決心してません。

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
最近、英単語の得体値という概念が生まれました。
英語語源の日本文化から見た間接表現です。

・自制: abstain{虻す耐引} → あばよ、をkeep/holdしたままに。禁酒/禁煙
・時制: tense{天過(す)} → 時の経過
・語源学: etymology{得体"問'露字意}エティモロジィ
・between{媒'two員} 2者間の間で,
・among(st){間'(あ<いだ>)万群'(st)} 群衆の中/間で (in a crowd),
・ambulance{案病覧須} 救急車
・resource{履履佐劣'rr屈'#(す)} 資源 ("rise again" (see resurgent): 再度 上へ上げる)
・completely{完富゜連'ー斗地} 完全に
・recession{裏征っ山}景気後退  cf. depression{低゛触゜れ山} 不景気、景気沈滞、うつ状態

{・・・}の部分を「得体値」と言います。
興味のある方は、URL(作者の今井さんのサイト)を一瞥あれ。
2008/12/01(月) 15:31:56 | URL | えたいち #aV/dabIU[edit]
コメントありがとうございます。
2008/12/01(月) 18:04:22 | URL | ArtSalt(管理人) #CbxKj0Os[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/881-fab779b6

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク