ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

Opera + 外部エディタでソースを開けなくなった件

Operaから EmEditor free version 6.00.4 (オイラが使ってるテキストエディタ)で突然ページのソースを開けなくなった。たしか1~2ヶ月ほど前からの現象だったと思う。EmEditorのほうは全く設定を変えてないし、バージョンも変わってないから、Operaのアップグレードの影響を受けたことは間違いない。

以下、EmEditorが発するメッセージのスクリーンショット。決してネタではない。

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

EmEditorのメッセージのスクリーンショット

このような5個のメッセージを連続表示したのち、EmEditorはやっとこさ "Documents" と "and" という拡張子なしのふたつの新規ファイルを開く。やれやれ。もちろん中は空っぽ。しかもOperaは自らがインストールされてるディレクトリに一時ファイルをつくりやがる。

EmEditorスクリーンショット

Firefoxのほうで当該ページを開きなおせば済む話なのでずっと放置しといたけど、重い腰を上げ、解決策を探った。

Opera設定スクリーンショット

default application をやめ、あらたに other application のほうにEmEditorをのパスを指定してみたらあっさり解決。parameter の %s は指定しても指定しなくてもいいみたい。

解決したとはいえ、どっかの設定ファイルが壊れてる可能性が高い。Opera10が正式公開されたときクリーンインストールすればいいや。

Operaのバージョン、OSなど
Opera/9.63 (Windows NT 5.1; U; en) Presto/2.1.1
Opera.exeのパス
D:\PrivFold2_pg\Opera\
Cache Directory4 のパス(「フルパス」と言うべきか?)
C:\Documents and Settings\userid\Local Settings\Application Data\Opera\Opera\profile\cache4\

関連

歌劇に屍は似合わないという話(その1)
2年前(2007年)のエントリ。UserCSSのパスに全角スペースが混じってると当時のOperaはそれを参照してくれなかったという話。このバグは修正されてるはず。懐かしいなあ。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/918-667a4fda

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク