ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の死刑を望む理由、望まない理由

死刑囚の遺族

死刑囚が死刑を執行されたら、その家族は「遺族」になるわけだ。凶悪犯罪者には重大な罪があるけど、その家族には何の罪もない。

日本では今まで「凶悪犯罪者に殺された人の遺族の人権」が不当に軽視されてきた。だが「死刑囚の遺族」の場合は軽視されてきたというより、その存在そのものが無視されてきたと言っていいかもしれない。この問題は闇の部分というかタブーなんだろうね。取材の申し入れがあっても遺族は語りたくないだろう。今後も彼らの存在に気づく人はあまりいないだろうね、残念だけど。

死刑を執行する刑務官の心情

近代国家は仇討ちを禁止した。仇討ち合戦の無限ループをなくしてそのツケを刑務官に回したわけだ。死刑囚の遺族が刑務官に仇討ちしたいという気持ちはおそらくないと思う。

実際に死刑を執行する現場の人たちの気持ちを考えると、私は心が痛む。好きでこんなことをやっている人がいるわけがない。ボタンを押すとき彼らが思うのは「社会正義」だろうか。「仕事だからしかたない」という諦念だろうか。

この「心が痛む」という感情については本エントリの最後にもう1度ふれる。

家族や恋人が死刑を求刑されたら?

自分の親、息子、娘、あるいは恋人が死刑間違いなしの凶悪犯罪をやったとする。まだ逮捕されていない。死刑になるのがわかっていても自首をすすめるか、という問題がある。やがて裁判が始まる。かけがえのない人の死刑判決を望むか、という問題がある。

自分がその立場だったら、逮捕される前に心中を考えるかもしれない。あるいは死刑が執行された日に自分もあとを追って自殺するとか。うーん、わからないね。

賛成はしないが、容認する

かつて私は死刑反対論者だった。あるときを境に賛成論者になった。今はどちらでもない。心中を考えるぐらいだから、あえて言えば「消極的な死刑容認派」か。そして裁判員制度が始まった。

関連

穢れとしての死、正義の殺人

以上は私自身の感情について述べただけ。感情論だ。死刑をめぐる議論はとかく感情論になる。なぜか。その多くが「復讐したい」「死刑にするのはひどい」という、ごく自然な感情にもとづいて発言しているからだ。

以下は本来なら別エントリにすべき問題だけど、大事なことなので書いておく。

「死刑を執行する人たちの心情を考えると、心が痛む」という感情は多くの日本人が共有できる。「死神」呼ばわりされた鳩山邦夫元法相にしても同じで、「極刑を実施するんだから、心境は穏やかでないが、どんなにつらくても社会正義のためにやむを得ないと思ってきた」と苦しい胸のうちを語っている。鳩山氏だけでなく、氏の心中を察する人たちもやはり同様に心が痛む。

では私たちはなぜ心が痛むのだろう。「復讐したい」「死刑にするのはひどい」という相反するかのように見える感情は何に由来するのだろう。

『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その1 神は細部に宿り給う
『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その2 神は細部に宿り給う
『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その3 神は細部に宿り給う
『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その4 神は細部に宿り給う
『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その5 神は細部に宿り給う
『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その6 神は細部に宿り給う
『鳩山法相の死生観』を真剣に読めば死刑問題がわかる その7 神は細部に宿り給う
この感情について鋭く分析した意見。「人や畜生を殺すのは常に穢れである」という文化。「正義の殺人(死刑や戦争を含む)もあるのだ」という文化。悔い改めなくても極楽浄土に行けるという考え。悔い改めないと地獄に落ちるという考え。イスラエルとヨーロッパと日本は死をどう考えてきたか。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
日本では何か重大な問題が起きた場合は死んでお詫びをする
風習があったから今でも死刑賛成派が多いのはある種当然の流れなんだろうね。
個人的にも死刑には賛成だし。
死刑判決がでるほどの重い罪を他の方法で償えるとは思えないのよね。
今身内にそういう人がいないからこんな事が言えるのかもしれないけど
大切な人がそういう重罪犯したら今までの関係は続かないと思うし、
責任取らずに逃げ回るんだったら尚の事一緒にいたくはないと思う。
その人と別れたくないと言う気持との板挟みで心が壊れるかもしれないけど
それでもやっぱり被害者側の事を尊重すべき。
まあこれも結局は感情論なんですけどね。
2009/02/02(月) 04:03:09 | URL | Fatal Error #HVLjdtec[edit]
確かに死んでお詫びするというのは外国ではあまり聞かないなぁ。
2009/02/02(月) 20:10:54 | URL | ArtSalt(管理人) #49cKfK7o[edit]
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/930-1e06b88c

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。