ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不快な広告とは何か

今回に限って言えばアルクのやり方を支持する

不快なWebページ。不快な広告。たとえば3カラムになってて両側に広告がずらーっと並んでいるWebサイトがある。たまに両端の広告もちらっと見るけど、基本は真ん中の文章だけ集中して読むから全然不快ではない。でも真ん中の文章の中に突然大きな広告とかバナーが現れるとなると話は別。Amazonとか楽天とかAppleとかブログランキングとかブログ村とか。興味があっても絶対クリックしないぞ、と思ってしまう。

ところでスペースアルクの英辞郎のデザインに最近ほんの少し変化があった。下のスクリーンショットは「漬物」を翻訳したときの検索結果

スペースアルク英辞郎のスクリーンショット

ずずずぅっと下のほうまでスクロールすると、漬物関係の広告が…

スペースアルク英辞郎のスクリーンショット

仮にこの広告がいちばん上にあったらUserCSS書いて速攻で消すけど、いちばん下にあるからページ閲覧の邪魔にならない。こういう広告なら見ていて楽しいし、役に立つ…かもしれない。スペースアルクさん、g8 job!

結論 — 広告の位置をもっと考えれ!

文章の途中でAmazonの広告が出現すると不快になるのはなぜか。テレビの山場CMが蛇蝎(だかつ)のごとく嫌われるのはなぜか。消費者にとって不快なのは広告そのものではない。快/不快を分けるのは広告の位置であり、広告に出くわすタイミングなのだ。Adblock Plus やProxomitronを敵視する人たちはこういう感情を理解していただきたい。

巨大な高速gifアニメーションは目に負担をかけます

gifアニメーションも使いどころを誤ると逆効果。つい最近までFC2ブログのログインページに Google Chrome のでっかいgifアニメーションが出現していた。あのけばけばしい広告を見るたびに「Chromeなんて絶対インストールするもんか。デスクトップ版Operaの淡白なマーケティングを見習え!」と決意を新たにしていた私。最近サラ金の広告に変わったけど。

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/938-da97b68a

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。