ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず夕食の写真をIrfanViewで加工

きょうの夕食をOLYMPUS FE-150で撮影。
こういう場(ブログ)で見栄を張ってもしかたないので、つつみかくさずありのままを。
左から順番に解説。
 ごはん。きのうの夕方炊いたもの。私はふだん2食ぶん炊きます。ごはんが熱いうちに2個の梅干し(タネ取り除く)を包丁で切って、翌日分のごはんに混ぜれば、今の時期(6月)でもぎりぎり24時間常温で保存できます。ただし、うちの梅干しはハンパじゃなく酸っぱいです、ハイ。
 黄色のプラスティックの器に入っているのはダイコンおろし
 その上はダイコンの味噌汁。だしをとるのが面倒くさかったので、味の素を使いました。めったに化学調味料を使わないので、量のさじ加減がよくわかりません。案の定、だしが少し濃くなってしまいました。
 その右隣の三角形は厚揚げ。先日食べた餃子(ドンキホーテで100円だったかな)が少し残っていたので、厚揚げの皿に同居させました。厚揚げってけっこう足が速いので、賞味期限が切れそうだったこともあって、冷凍庫に入れておいたのですが、電子レンジで解凍し、オーブントースターで加熱した厚揚げの食感はあまりよくありませんでした。
 味噌汁の上はもやしの胡麻醤油和え。本当は胡麻味噌和えのほうが好きなのですが、味噌汁に味噌を使っているから、「ミソ味の品がふたつあるというのもなあ」という思いから、胡麻醤油を選択。
 他のものは酢の物です。ラッキョウの漬け込みに使っていた酢に新生姜(しんしょうが)を漬けたものとか。酢の割合を多くしておけば、常温でも保存可能です。なんか1品足りないな、と感じたとき、食べます。

今日はダイコンを使った料理が2つ。現在ひとり暮らししている私みたいな人はダイコンのような、大きい食材を買うと、それをいかに早く食べつくすか、という問題に悩まされます。下手をすれば食材はどんどん腐ってしまいますからね。
これが、3人で1本のダイコンなら、早ければ数日で消費してしまえますが、ひとりだと、なかなか大変です。ダイコンを使ったレシピを複数考え、朝、昼、晩のごはんに必ずダイコン料理がある、とうことにもなりかねません。しかも毎日…。

きのうご紹介させていただいたIrfanViewを使って640 × 480pxのサイズの写真を320 × 240pxに縮小しました。うーん、すこぶる簡単でしたね。
Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/96-7ae75e3c

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。