ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bud Shank ってカッコよかったんだぜ

今月の2日に肺塞栓で亡くなっていたんだね、Bud Shank さん。彼のレコードでいちばん好きなのがこれ。1956年の吹き込み。写真から音楽が聴こえてくるよ。(右端のアルト持ってる人がShankさん)

Bud Shank Live at the Haig の写真

Bud Shank はロスアンジェルスでブームになったウェストコースト・ジャズを牽引したアルト吹き。そりゃぁ、もう、アンタ、Chet Baker と並んですごい人気だったらしいよ。1952年に Stan Kenton 時代の同僚 Laurindo Almeida と共に Pacific Jazz レーベルに "Laurindo Almeida Quartet" を吹き込み、翌年発表。今振り返ればこれは10年後(1962年ごろ)の「ボサノバ」と呼ばれる音楽の流行を先取りする作品だった。
(ボサノバはウェストコースト・ジャズの影響を受けて誕生した音楽である、という説がある)

ニューヨークタイムズの追悼記事が泣かせる。

On the day before he died, he was in a San Diego recording studio as a musician for hire.

“He knew it was his last shot,” his wife said. “The doctors told him if he went he would die. And he went.”

Bud Shank, Jazz Saxophonist, Is Dead at 82 - Obituary (Obit) - NYTimes.com

Shankさん、安らかに眠ってください。Your alto always made me crazy. Many a thanks for cool music, cool jazz.

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/993-47a75250

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。