ArtSaltのサイドストーリー

音楽、フリーウェア、WEBサービス、食べものなどに関する日記。トラックバック、コメント歓迎。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目をつぶってタイプしたらタイポが減った

目で見るんじゃない、心で見るんだ

smart.fm (旧iKnow!)で dictation (口述筆記のアプリケーション)の skill level がやっと79になった。もうちょっとで80の大台だ。

smart.fmのバッジ

で、最近わかった。タイポを劇的に減らす簡単な方法 — 「目をつぶってタイプする」。つまり目で見るのではなく、心で見るのだよ、ディスプレイを。

たとえば write という語をタイプしてみるぜ。

ディスプレイを見てタイプした場合
wirti write eriwrite write write wir write write wi wi r w write
目をつぶってタイプした場合
write write erite write write write write write e write write

ほらね、目をつぶったほうがタイポは減るんだよ♪ 嘘だと思ったらやってみ。

  • write という語は発音と綴りが一致していない。w が silent letter (黙字)になっている。
  • キーボード上の極めて近接した場所に w, r, t, e のキーが並んでいて、混乱に拍車をかける。
  • ゆえにオイラは write という綴りをタイポしやすい…と思われる。

視覚障害者が楽々とパソコンを操作できるのはなぜか

  • なぜ視覚情報を封じるとタイポが減るのか。
    • キーボードを操作するとき、ヒトの脳は膨大な量の情報を処理する。すなわち
      • 綴りを思い出す
      • キーの位置を指先の触覚で把握する
      • 指をしかるべき位置にしかるべき順序で動かす
      • タイプした文字が正しいかどうか目で見る
      • そのほか
    • 目をつぶるっていうことは入力(視覚情報、聴覚情報など)の量を減らすってことだ。入力が減れば、それだけ脳は情報処理しやすくなるってことだろうけど、よーわからん。

目をつぶる(あるいはディスプレイから目をそらす)という方法はIMEで日本語をタイプするときにも効果あり。こんな簡単な方法になんで今まで気づかなかったんだろう。

ディスプレイ上の視覚情報がタイピングを助けるのではなく混乱させることがあるのだ。これでわかったよ、視覚障害者が平然とパソコンを操作できるわけが。タイピングは心眼でやるべし。

関連

Google
WWW ArtSaltのサイドストーリー
Web site (optional)
Comment - Need to type CAPTCHA, an image of distorted Japanese Hiragana or Katakana afterward.
Password - Not allowed to modify your comment later if password not entered.
On secret mode?
 

http://art2006salt.blog60.fc2.com/tb.php/994-091cb3fc

このブログについて

最近のエントリ

カテゴリー
あわせて読みたいブログ

あわせて読みたい

最近のコメント
Internet Explorer
よりも便利です

Opera 9 - Always secure with Opera Firefoxをダウンロード!!

相互リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。